オリーブの木


お店の入り口の、右横に、オリーブの木が、3本たっています。
kanonのシンボルツリーとして、買いました。
連日の強風で、可哀そうなくらい、しなっています。

岡やんとオリーブ君の出会いは古く、岡やんが19歳の時。
友達3人で、小豆島に旅行に行ったときです。

2月で、オリーブの収穫もおわっていたのに、
なんと、残っていたのです、「実」が、しかも、5~6個。
このチャンスを、逃す手はない!と。
3人で廻りを見まわし、じゃんけんで、誰が木に登るかを、決めた様なきがする。
結局負けた、岡やんが、登ってとりました。
(オリーブの木って、すごくしなるから案外怖くて、大変だったのだ。)

小豆島のみなさん、ごめんなさい。ペコリ
でも、その時の実は、いつまでも大事に持っていましたよ。
とことん木に熟したせいか、最後は腐らずに、ドライフルーツ化していたね。

そんな、思い出があったからか、なんとな~く、オリーブが好きでした。
で、kanonの、シンボルツリーに決めました。

そして、雑貨も、オリーブに関係した物がほとんどです。
「オリーブ君、4月に入ったら、植え替えてあげるから、まつのだぞ。」
「だから、木に登ったこと、許してー。おねがいー。」

金沢市の花屋「花工房 花音」のホームページはこちらです。

by hanakobo-kanon | 2010-03-29 00:23 | オリーブの情報

<< 不思議な植物 花音のトラック >>