カテゴリ:雑貨の情報( 22 )

やっぱりフルール・デ・サルはすごい!


この「フルール・デ・サル」、やっぱりすごい!(4月19日掲載)
最近kanonでは、毎日昼食に、スライストマトにこのサルをかけて食べるのが
定番なんよ。
ほんと、おいしいんだわー
おかやん、人にお薦めするの、あんまり得意ではないんだけど、この塩だけは
自信を持っておすすめ出来るよ。
ほんと、おいしいんだからー
「フルール・デ・サル」を食すために、トマトを、買ってくる、みたいいなもんなんだから

f0226713_21593757.jpg

金沢市の花屋「花工房 花音」のホームページはこちらです。

by hanakobo-kanon | 2010-07-13 22:18 | 雑貨の情報

オリーブの手作り作家

 
 プロローグ
今日はスッゴイお知らせがあります。
kanon始まって以来の長編大作ブログ「kanonとオリバーさん]
を発表します!

「おかやんの花日記」にときどき登場しています、オリーブの木で出来た、
カッティングボードや、器にアクセサリー。
それらを作成して下さっています、オリバーさんの最新情報が、昨日スペインより
おくられてきましたー。

はじめましてー。」って感じですよね。(*^_^*)なんか、ハリソン・フォードか、ショーン・コネリーってイメージですぅー。
オリバーさんはドイツの方なんですが、スペインに何度か訪れた際、
地中海沿岸の気候とライフスタイルの虜になり、
今はスペインに在住して、活動しています。
(奥様もスペインのかただとか・・・・いいですねー、ステキですねー)

f0226713_21441618.jpg


これは、なんとオリーブの木です。
オリバーさんはオリーブの木を追求し、スペイン各地を回り、
最終的に選んだのが、バレンシア地方の、黒いオリーブと呼ばれているこの木です。
(kanonのオリーブ君たちがこんなになるにはどれくらいかかるんでしょうか。)

f0226713_21444078.jpg


出来上がった、作品を、研磨しているところですね。
オリバーさんの作品はほとんどが手作業です。
ですから、世界に同じものは二つとないのがステキです。(^_-)-☆

f0226713_2145757.jpg


最後に、出来具合をチェックしているんでしょうかー。
スペインには他にもオリーブの工房はたくさんあるそうなんですが、
どこも完全に機械化されてしまっていて、
「手のぬくもりが残っているような作品を作っているのはオリバー以外、
いまだ出会っていないよ。」
と、スペイン在住のコーディネーター、
オノッチさんがゆっていました。
それくらい少ないということですよねぇー。

f0226713_21452772.jpg


あらぁー。オリバーさん軽々しくもっていますが、(でもないか・・)オリーブの木って、ずっしりとしてけっこー重いです。(腰を痛めんといてくださいよー)。
これからもがんばって、素敵な作品、作ってくださいね。
楽しみにしていまぁーす。
(kanonへの入荷は、8月あたりになります。)

f0226713_2146027.jpg


  エピローグ
おかやんが、オリバーさんの作品と出会ったきっかけは、1冊の本からです。
今回あらためて、この作品の素晴らしさを実感しました。
皆さんも、kanonへいらして、オリーブの木のぬくもりを、
ぜひ感じて見て下さい。
きっと、魅せられますよ。(*^_^*)  長編大作ブログ「kanonとオリバーさん」 <完>

金沢市の花屋「花工房 花音」のホームページはこちらです。

by hanakobo-kanon | 2010-06-17 22:55 | 雑貨の情報

続・2大共演


昨日、「月と金星の共演を見た方、連絡下さい。」ってブログに書いたのに、
メールもコメントもなくて、朝から少々凹みぎみだったおかやん。

「ま、ショウガないか、このブログを読んでくださってるかたで、あの空を見た方
といったら、確率的に、すくないよなー。」って、自らを納得。
で、お花の水変えをしながら、スタッフのまーちゃんにこの話をしたら、

「私もみましたー。」
「!!!!。」
「すっごくきれいで、感動しましたよー。」(岡やん、この時点、別な意味で感動!)
「感動したよねー。」(こんな身近に分かち合える人がいたなんて・・・。)
チョー盛り上がりました。

そして、その延長でkanonに置いてある、オリーブの木でできたペンダントを、
二人で買っちゃいました。
どの形を選んだかは、モチ、企業秘密だ。(なんやねん!それ)

f0226713_2263116.jpg

金沢市の花屋「花工房 花音」のホームページはこちらです。

by hanakobo-kanon | 2010-05-17 22:29 | 雑貨の情報

kanonのランチ


先日、kanonにやっと包丁がきまして、
たまにはランチ気分を・・・と思って、岡やん家オリジナル「ピザトースト」をつくりました。

まず、まな板はkanonおすすめの、オリーブのまないたを使って。
(岡やん自前です)!(^^)!

きゅうりを切る音が「コンコン」と響き、「うん、いい感じ。」
トーストの上に、スライスハム、きゅうり、トマト、最後に、とろけるチーズをのせて、
あとは焼くだけ。「うん、いい感じ。」

オーブンは、おばさんがお祝いにって、
いとこ家族と一緒に、名古屋から持って来てくださった。
レンジも付いているチョーすぐれ物。

温度は、200度で、時間は5分。よし、OK!「うん、いい感じ。」
焼ける間に、きゅうりとトマトでサラダをつくり、味付けは、もちろん
「フルール・デ・サル」(4月19日掲載)

そして、出来上がったのが、これ↓
極めつけは、オリーブのまな板を、トレイとして使って、そのままだしても、
おっしゃれでしょう?
・・・・・・。おいしく、いただきました。

(ちなみに、このまな板、残り1枚となっておりまーす。ご希望の方はおはやめにー。)

f0226713_19451032.jpg


金沢市の花屋「花工房 花音」のホームページはこちらです。

by hanakobo-kanon | 2010-05-17 20:20 | 雑貨の情報

その後のハンドクリーム


以前お伝えした、ハンドクリーム(3月21日掲載)その後の情報をおつたえします。

おかやんが、「匂いがきついよ」なぁ~んてお伝えしちゃったけど、
それは、おかやんの思い過しでした。
ごめんなさい。ペコリ

皆さん、この匂いが好きだって言ってくださいます。
ローズマリーとレモンのシトラス系の香りが、スーと
リラックスさせてくれる、まさにダブル効果ですね。

今年の岡やんの手は、すべすべしてまーす。

「ハンドクリームさん、ありがとう。」
そして、「傷テープさんさようなら。」

f0226713_2051062.jpg


金沢市の花屋「花工房 花音」のホームページはこちらです。

by hanakobo-kanon | 2010-05-11 21:07 | 雑貨の情報

その後のフルール・デ・サル


f0226713_20534375.jpg

「塩の花」って呼ばれるこの塩。 (4月19日掲載)
いろいろ試して試食してみました。(あれ?この文章変だよね)
訂正=いろいろ試食してみました。(*^_^*)

岡やんのお薦めは、「チキンソテー」ですね。
まず、下ごしらえの、いつもの塩コショウは塩を控えめににします。
焼きあがってお皿に盛りつけた後。
いいですか?ここがポイントです、親指と人差し指と中指で「フルール・デ・サル」を
ひとつまみ。

ひとつまみですよー。多すぎてもだめ、少なすぎてもだめなんです。
そのひとつまみを、パラパラーっとお肉全体に振りかけてください。
チキンの皮のカリッとした歯ごたえと、こんがりと香ばしい香りと。
テーブルにならべて、頂くころは絶妙のお味になっています。

一緒に炒めるとゆうよりも、召し上がる直前の、隠し味アイテムとしてチョーおすすめです。
そのためこの陶器の入れ物の口がおおきいのは、指でつまみやすくしているのです。

じゃあ、そんなにおいしいんなら、おにぎりは?と思うでしょう。
友達いわく、おにぎりは、「珠洲の塩」の方がおいしいらしい。
料理におおじて、使い分けってゆうのも、いいかも?

金沢市の花屋「花工房 花音」のホームページはこちらです。

by hanakobo-kanon | 2010-04-28 21:31 | 雑貨の情報

続・石鹸について

f0226713_20592772.jpg

この石鹸、やっぱりすぐれ物だった。(4月4日ご紹介商品)

金沢市の花屋「花工房 花音」のホームページはこちらです。

by hanakobo-kanon | 2010-04-25 21:21 | 雑貨の情報

アクセサリー

f0226713_21255034.jpg

kanonには、オリーブに関する雑貨があるんだけど、
ひそかにブーム(ゴメン岡やんの中で)なのが、これ↑
オリーブの木で出来たペンダント。

オリヴァ―さんていう方が、作っているらしい。
見て、太陽なんか良くできてるなーと思うよ。
これもオリーブの木がとても硬いから出来るんだろうね。
冬はセーターでも合うし、夏はTシャツでもあう、チョーすぐれもの。
男性がつけたらスッゴイおしゃれでした。
もちろん、女性がつけてもとてもステキ。

「母の日」も近いし、お母さんとペアーってのはどう?
手作りのため数少、お早めに。

金沢市の花屋「花工房 花音」のホームページはこちらです。

by hanakobo-kanon | 2010-04-22 21:42 | 雑貨の情報

せっけんについて


皆さん、石鹸について、こだわっていますか?
kanonでは、オリーブオイルの入った、ギリシャの石鹸があります。
表面はザラザラしていて、色も白くなく、見た目は決して良くないんだけど、
肌には、良さそうって感じの、石鹸です。

同じもので、イスラエルの、貧しい農村に住む「ガミラおばあちゃん」が製法をあみだした、「魔法の石鹸」とゆうのが、あるんだけど、それは、某有名デパートにしか、売られてなくて、(電話で確認した・・・)ネットでも売られているけど、1個¥3.000位しています。

kanonの石鹸は、1個¥525で、そんな高くない。
だって、ギリシャの人が、普通に工場で作った物だから。
でもね、ギリシャの石鹸はすごいよ。「ガミラおばあちゃん」のと
、どうちがうのかは、わからないけど、ちゃんと、オリーブオイルもはいっているから、潤い感が、すっごくあるの。

冬に、肌が乾燥して、かゆくなったりして、困ってる方、とくにおすすめです。
春先、まさに今、紫外線も一番強い時期、肌トラブルがおきやすいよね。
朝、起きて肌をさわって見た時に、潤いがたもたれているって、いいよねー。
ただ、洗顔としては、いいか、どうかは、岡やんはハッキリ言えません。
なぜなら、顔のお肌は、とても、デリケートで、個人個人でちがうからです。
まずは、お顔以外で、お試しあれです。

金沢市の花屋「花工房 花音」のホームページはこちらです。

by hanakobo-kanon | 2010-04-04 23:00 | 雑貨の情報

kanonにある雑貨


kanonでは、こだわりを持った雑貨が置いてあるのだけれど、その価値をわかって買ってくれる人がいるのは、とても嬉しいことだよね。

これから時々ブログの中で、ご紹介して行きますが、スペインの「ワインビネガー」は完売しました。ごめんなさい。でも、4月に入荷の予定です。

最後の一本を買われた方は、ある病院の栄養士さんなんだけど、
「日本のビネガーは、物足りなくて、味に限界があるのよねー、TVでも、紹介してたけど、これはすごくいいよ。」と喜んで買われました。

ただ、悲しいことに、おかやんは、そこまでの価値観に、きずいていなっかたのだ。
まだまだ勉強不足だね。
偉そうなことを並べているけど、自分はまだまだだとゆうことだよね。
いやー、今日はお客さんに教えられたなー。

金沢市の花屋「花工房 花音」のホームページはこちらです。

by hanakobo-kanon | 2010-03-23 23:14 | 雑貨の情報