シクラメンのかほり

今日の金沢、雨がしとしと。
肌寒い一日でしたね。
でも明日からは、もっと冷え込むらしいです。

そんな中、kanonにもやっと「シクラメン」が入荷しました。
寒さと供にやってきたシクラメン、これからの暮らしの中で、
欠かせない一鉢ではないでしょうか。
f0226713_1730921.jpg

「シクラメンのかほり」って歌があります。
その中に歌われている、
「真綿色したシクラメン」「うす紅色のシクラメン」「うす紫のシクラメン」、
これらの色の花は、レコード発売当時、なかったのご存じですか?
匂いのするシクラメンも当然なく、すべて架空の存在だったんですって。
(作詞・作曲を手掛けた小椋 桂さんが、のちのち、ある番組で語ってました)

でも今はいろんな色のシクラメンが、普通にありますし、
「においシクラメン」といって、香水のような香りの花も出てます。

去年、すごくいいにおいで、完全「うす紫のシクラメン」
フレグランスミニ「アメジスト ブルー」が誕生しました。 こちらへ
今年、普通に市場に出て来るんではないかと、楽しみにしています。

いずれにしても、育種家さん達の努力の賜物です。
きっと、「シクラメンのかほり」という歌がきっかけで、生まれたんではないでしょうか?
だとしたら、すっごいロマンを感じるぅ~。
f0226713_17302172.jpg

金沢市の花屋「花工房 花音」のホームページはこちらです。

by hanakobo-kanon | 2010-10-26 18:18 | 花鉢の情報

<< 花あそび教室10月の2 やっぱ、秋やねェ~ >>