おかやん、生け花をたしなむ


おかやんが習っています生け花「嵯峨御流」
京都の大覚寺が家元になります。

お教室を開いてるとは言え、おかやん自身も、日々勉強です。
今回の花体は、盛り花 後盛体

嵯峨御流の盛り花は、自然風景がテーマで、
大覚寺境内にあります、広沢の池の景色を現しています。

この後盛体は、広沢の池の手前から、向こう岸を眺めた風景を表現しています。
水際の少し入り組んだ様子がうかがえます。

アレンジとはまた違って、
お花を生けると、心が落ち着きます。

f0226713_20565368.jpg

金沢市の花屋「花工房 花音」のホームページはこちらです。

by hanakobo-kanon | 2011-03-07 21:14 | 嵯峨御流の情報

<< 花あそび教室3月の1 石川さん観葉君 >>