おかやん流 真の愛情とは?


今年の3月に、ご縁あってkanonにやってきた30年物のザミア君。

f0226713_17364283.jpg


5月の大植え替え手術にも耐え、
かわいい新芽を吹き始めたのが、こちら6月10日のお写真。

f0226713_1124105.jpg


今はこんなに大きくなりました。

f0226713_17325782.jpg


ただあまりにもおおきくなったのが、おかやんはちょっと気になります。
(風情と品格もちょっとぉ・・・)

去年までは、肥料はもちろん水もきちんと与えられず、温室内の水分だけ、
でも、その中でお日様だけは、はたっぷりりと浴びれる環境だったため、
しっかりとシマッタ好い株に育ったのであろうと思われます・・・・。

なのに今年は、一週間に一回はたっぷり水分補給をし、
(液肥も一回与えた様な・・・)
ザミア君にとってはとてもいい環境で、すくすく育っているにちがいない。

      がっ!

あえておかやんは言います。
夏の間、過保護にすると冬の寒さに耐えられなくなって
枯れてしまう恐れがあるのだ、という事を。 こわぁ~~い。
しかぁ~も、去年とあまりにも環境がちがいすぎるのも危険かも?

ということに気付いたのだぁ~

今日までは成長期だからよかったかもしれないけど
これからはもっともっとお日様に充てて、水分も少し控えめに、
しっかりとした、株作りに専念して行こうと思います。

大切に育てるということは、過保護に育てるのとはちがうよね。

他の植物(特にサボテンや多肉植物)も、
水や肥料をたっぷり与えて育てたものは、どんどん大きくなるけど
その分ひ弱になって、冬の寒さに耐えられなくて
枯れたり腐ってしまうケースが多くなるんだよ。

とにかく良く日に当てて、(日光が充分だと、多少水を与えなくても萎びる事はないから)
寒さにも耐えれるような強靭な株作りを徹底しようね。

それも植物君達への愛情の現れだよ~~。
とおかやんは思うだよ。
 
金沢市の花屋「花工房 花音」のホームページはこちらです。

by hanakobo-kanon | 2011-07-17 14:43 | 観葉植物と多肉植物の情報

<< 今週のテーマは? 庭作りの掟 >>