生け花教室 9月の2 ’12


いけばな教室。

盛花  右盛体。

嵯峨御流では、
京都の御所を中心に右左が決まります。
したがって、私たち一般人からみれば、向かって左側を右、
むかって右側を左とみなします。

ですから、今日の花体は、左側に体が向いているので、

右盛体となります。

ハイビスカスの実 (紅あおい) を体にしました。

相 (メインの花) はピン木のスカシユリ。

繋ぎはピンクの小菊と、赤いケイトウ。

f0226713_0203510.jpg


あれっ?

すみません。今写真を見てきづきました・・・。 ^_^;

七宝の金属がみえていますぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ。

嵯峨御流では、水際をきれいに見せなければいけないので、
このように七宝の材質が見えるのは、ご法度なんですぅぅぅぅぅぅ。

生けた方には申し訳ありません。
きずかなかったおかやんが悪いんです。

ほんとすみません。

ま、今日はよくない見本、ということで、ゆるしてくださいぃxxxxxxxxxxxxxxっぃ。 <(_ _)>


金沢市の花屋「花工房 花音」のホームページはこちらです。

by hanakobo-kanon | 2012-09-27 15:30 | いけ花教室の情報

<< 本に夢中です、いや、「した。」 アレンジメント教室 9月の2’12 >>