研究会 荘厳華


f0226713_1415787.jpg


嵯峨御流の知識と、技術向上をめざして、
月に一回、年間8回分けて行われます研究会。

今月も参加させていただきました。

花体は、荘厳華 草の草

9パターンある形の中で、「真の真」 が最も高貴な形に対して、
こちらは一番くだけた形となります。

今まで何度かご紹介しておりますものとは、ずいぶん形がちがうでしょう。

金沢市の花屋「花工房 花音」のホームページはこちらです。

by hanakobo-kanon | 2013-12-31 01:49 | 嵯峨御流の情報

<< 中国茶 松のお生花応用 >>