すごい映画ができるよ

先日本屋に行ってビックリしたこと。

おかやんが以前に読んですっごく感動した小説があるんだけど。
夢枕 獏氏著書 「神々の山嶺」今から15年ほど前に読んで感動し、
更に去年もう一度読んで、やはり感動!
その物語が今度映画になるらしい。

V6の岡田君が主演で阿部 寛さんに小野真知子さん。
いずれの方もおかやんがイメージした方とはちょっと違うような感じだけれども、
なんとなぁ~く頷けるわ。

エベレスト山登頂に夢をかけた人たちの話なんだけれども、
上映されるのがすっごく楽しみ。

自分が読んで感動したものが映画になるってすごく嬉しいことだよね。

ましてやこれは映画になるには不可能だろうって思ってるのが出来ると特にうれしいよ。
昨年の「永遠の0」もそうでした。

その主役も岡田君だったな。岡田君すごいよね。大河ドラマ終わったばかりだと云うのに、・・・・。
今は撮影に入る前に、身体を高度順応させるため山に登っているのだとか。
6000M級のあたりで撮影されるそうで、ほんと命がけだよね。

あぁ~でも頑張ってほしいなぁ。

ちなみにみなさんは、原作が先ですか?
それとも映画を見てから原作読む派?

おかやんはね、やはり映画が先かな?

なんでかって言うと。
やっぱ原作に勝る物なしって思っているからかな?

でも、映画は映画でまたおもしろい時もあるんだけど。

だから、三浦 しおんさんの「まほろ駅前シリーズ」の三作目
「まほろ駅前狂想曲」。
じつはもうすでに原作本は買ってあるんだけれども、
まだ読んでないんだなぁ。

今度DVDを見てからと思ってね。
(何度か映画館に行ったんだけれども、縁がなく見てない)

では~~~。

おやすみ~~~。zzzzz・・・・

金沢市の花屋「花工房 花音」のホームページはこちらです

by hanakobo-kanon | 2015-04-06 00:08 | おかやん家の情報

<< 金箔入り茶 アレンジ教室1月の1’15 >>