<   2010年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

室谷監督、来店!


昨日、門前高校女子ソフトボール監督の、室谷妙子監督と、コーチの道ますみさんが、
開店のお祝いに、kanonに、来て下さいました。
監督とは、娘が高校時代ソフトボール部で、お世話になって以来、ずっと、お付き合いさせて、
いただいています。(*^^)v

とても、お忙しいのに、「雨で試合が、なくなったから。」とおっしゃってましたが、
岡やんにとっては、すっごく、励みになりました。
室谷監督は、元JAPAN監督の、宇津木さんも、なにかあると、相談を持ちかけられたりします。
それくらいすごい方なのに、ふだんは、普通で、とても謙虚で、
偉そうなそぶりは、一切ありません。
本当にすごい人ってゆうのは、こうゆう方のことを、ゆううんだと思います。

監督が、卒業する、子供たちに、ゆうことば
「世の中には、私より、もっとすごい人が、たくさんいます。これからは、そうゆう方たちと、出会いなさい。」と。
岡やんは、この言葉をきいてもう号泣!

そして、帰りぎはに、奥で、作業していた、スタッフにも、
「ありがとう、コーヒーごちそうさま。」と、声をかけて、かえられた。

金沢市の花屋「花工房 花音」のホームページはこちらです。

by hanakobo-kanon | 2010-03-31 21:58 | その他の情報

花のなまえについて


人にも名前があるように、植物にも、名前がついている。
品種名ってユウのがそうだ。

kanonでは、プライスカードに、出来るだけ品種名を、いれるようにしているの。
なぜかとゆうと、お客様にも、品種名をお教えしたいのと、
スタッフ自身も覚えるためです。
たとえば、注文の際に、「赤いバラを下さい」といっても、いろんな種類があるから、ややこしい。
でも、「00を00本お願いします。」ってゆうと、
的確に、ほしい花が、はいりやすくなるんだよね。

じゃあ、その名前って、誰がきめるの?ってゆうと、
育種家の人が、花同士を交配して、「これだ!」と思うような、花が生まれたとき、
自由に付けることができます。

家族のなまえとか、その時代に、話題になったことから、ついていたりします。
それを、特許申請に出願すると、誰でも、勝手に販売したり、増やしたり出来なくなります。
印象深いのは、ピンクのオリエンタルユリで、「ウイルケ・アルベルティー」というのがありますが、これは、作出した方が、当時付き合っていた、彼女の名前だそうです。
何も、フルネームをつけなくてもねー。

ちなみに、紫のチューリプに、「夜の帝王」とゆうのがありますが、ちょっと其のいわれを、ご本人にきいてみたいですねェ。
なあ~んてことを、色々思ったりすると、案外花の名前も、おもしろいでしょ?
まだまだ、面白い名前の花って、いっぱいあるよ。

金沢市の花屋「花工房 花音」のホームページはこちらです。

by hanakobo-kanon | 2010-03-30 23:49 | お花の情報

不思議な植物


ちょっと、余談になりますが、聞いてくださいますか?
昨夜、遅くに、ブログを書き終えて、「よしっ!」と、送信しようとしたのに、なぜか、ホントになぜか、バックスペースボタンを、押してしまい、長い時間かけて、書いたブログが、一瞬にしてきえてしまったのだ。
いや~、岡やんにとって、衝撃な、出来ごとだったよ。
しばらく、放心状態だったもの・・・・。

では、本題いに入ります、
kanonに置いてある、観葉植物の中に、「一品モノ」と呼ばれるものが、何点かあります。
まっすぐに伸びた、植物はあまりなく、ほとんどがクネクネ曲がっています
どうして、こんなに曲がったのか。
たぶん、植物君には、植物君なりの、事情があるんだろうね。
もしかしたら、真っすぐ伸びたかったかもしれないし、それは、聞いてみないと、わからない。
でも、逆に考えたら、自由奔放に、そだったのかもしれない
だから、同じものが、二つとないよさが、あるんだろうね。

kanonの植物君たちは、みんな、自信と誇りを持って、堂々と胸を張って、ならんでいるよ。
この子たちが、ちゃんと、巣立っていくまで、岡やんは、大事に見守って、そだてるね

金沢市の花屋「花工房 花音」のホームページはこちらです。

by hanakobo-kanon | 2010-03-29 23:14 | 観葉植物と多肉植物の情報

オリーブの木


お店の入り口の、右横に、オリーブの木が、3本たっています。
kanonのシンボルツリーとして、買いました。
連日の強風で、可哀そうなくらい、しなっています。

岡やんとオリーブ君の出会いは古く、岡やんが19歳の時。
友達3人で、小豆島に旅行に行ったときです。

2月で、オリーブの収穫もおわっていたのに、
なんと、残っていたのです、「実」が、しかも、5~6個。
このチャンスを、逃す手はない!と。
3人で廻りを見まわし、じゃんけんで、誰が木に登るかを、決めた様なきがする。
結局負けた、岡やんが、登ってとりました。
(オリーブの木って、すごくしなるから案外怖くて、大変だったのだ。)

小豆島のみなさん、ごめんなさい。ペコリ
でも、その時の実は、いつまでも大事に持っていましたよ。
とことん木に熟したせいか、最後は腐らずに、ドライフルーツ化していたね。

そんな、思い出があったからか、なんとな~く、オリーブが好きでした。
で、kanonの、シンボルツリーに決めました。

そして、雑貨も、オリーブに関係した物がほとんどです。
「オリーブ君、4月に入ったら、植え替えてあげるから、まつのだぞ。」
「だから、木に登ったこと、許してー。おねがいー。」

金沢市の花屋「花工房 花音」のホームページはこちらです。

by hanakobo-kanon | 2010-03-29 00:23 | オリーブの情報

花音のトラック


本日、待ちに待って、やっと、車に「花音」のロゴマークが、入りましたー。
ホロつきの、軽トラックなんだけど、とっても素敵になりました。

お店を始めるにあたって、唯一、旦那様(普段は、父さんですが、ここではそう、呼ばせて下さい)ともめたのが車なんですです。

まず、中古車か、新車かでもめ、(中古車でいいのに・・・)
岡やんは、軽のワンボックスタイプの車を、カッコよくロゴマークも入れて、
街中を走るのを、夢見ていたのに、
旦那様は、「車を買うなら、まず、新車やろ!それに、絶対トラックにせんとだめだ」と
お金もないのに、変にこだわり。
しかも!軽トラック???!!!ありえんし!!

でも、岡やんは、一歩引いて、従いました。
そしたら更に、「ロゴと電話番号は、マグネットシートで、取り外し出来るように、しといてくれ」
はあっ?!、マグネットシート?チョーダサい!!!いやだー!「・・・・・・」

岡やんはここでも、一歩引きました。なぜなら、車以外のことは、一切口出しされなかったからです。仕事柄、バスの運転手だけに、車だけは、譲れなかったのでしょう。

けど岡やんは、だだ引きさがって、泣き寝入った訳ではありません。閃いたんです。
そうだ、デザイン事務所のEGGさんに、お願いしよう!
「EGGさん、車のロゴマークなんですが、取り外しが出来て、しかも、マグネットシートだって、わからない、デザインにして下さい。」~~~~~。
そして、今日の日を迎えたのでありました。EGGさん、ありがとう。ペコリ

金沢市の花屋「花工房 花音」のホームページはこちらです。

by hanakobo-kanon | 2010-03-27 23:40 | 花音の情報

カトレアの花


「大輪系のカトレア」の鉢物がある花屋さんって、あまり見かけないけど(岡やんが、知らないだけかも、しれないが・・・)kanonにはあるんです。 
なぜなら、岡やんが大好きだからです。

「カトレアの花」ってどんな花?と思った方、
昔「日本レコード大賞」とゆう番組で、歌手の人たちが、胸に付けて歌っていたでしょう?
あの 紫いろの花ですよ。
子供ながらに、「きれいだな~」って、思ってみてました。

当時、蘭は(とくにカトレアは)高級品だったと思うから、
いかにあの番組がすごかったか、だよね。
おそらくあの番組のために、専属の生産者さんが一年かけて作っていたんだろうね。

今では、品種改良されたり、クローン栽培の技術が発達して、
身近な花として定着したよね。
そのおかげで、岡やんも子供のころから憧れていたカトレアの花を、育てることができたの。

ランを育てるのは難しいと思いがちだけど、
コツさえわかれば、他の花鉢より簡単なんだよ。
話せば長くなるから、今日は、これで、おわりにしちゃうけど興味のあるかた、
ぜひ、kanonにいらしてください。

また、頂いたランを枯らしてしまいそうで、困っている方、どうか、すぐに、捨てないでkanonに、持って来て見てください。案外、復活するかもしれませんよ。
(影の声B・・ねー、このブログ、案外、写真なくても、チョーおもしろくなくない?)
(影の声A・・いやいや、ヤッパ、写真あったほうが、いいって。)

金沢市の花屋「花工房 花音」のホームページはこちらです。

by hanakobo-kanon | 2010-03-26 22:47 | お花の情報

あさこさんのこと


岡やんのおかん、(うっ、さむ~)つまり、お母さん、「あさこさん」ってゆうんだけど、
かつては、近所でも、ちょっと名の知れた、野菜名人だったのよ。
品評会とかにも、入選したり。
今では、当たり前のように、行われている、通信販売だけれど、
40年ほど前に、「大和農園」から、カタログを送ってもらって、すでに、利用していたのよ。

珍しい物があると、取り寄せては、近所のひとたちに分けたりしていたの。
庭には、「アネモネ」や「ラナンキュラス」が、すでに咲いていたよ。

ちなみに、当時ラナンキュラスは、オレンジと黄色しか、なかったし、
アネモネなんか、花がとても小さかったです。
だから、カラフルなラナンキュラスや、大きいアネモネを見たときは、
涙が出そうになるくらい感動しました。

岡やんも、そんな母に似たのか、変わった物が大好きで、
直接生産者に、問い合わせては、「ラン」とか、珍しい花を、育てていました。
子育てに追われて、大変だった時も、常に家のどこかに、花が、飾ってあったような気がする。

「お母さん、岡やんは、あなたのD.N.A.をしっかり受け継いで、いますよ、
ちゃんと、見守っていてね。ありがとう。」

金沢市の花屋「花工房 花音」のホームページはこちらです。

by hanakobo-kanon | 2010-03-24 23:03 | おかやん家の情報

kanonにある雑貨


kanonでは、こだわりを持った雑貨が置いてあるのだけれど、その価値をわかって買ってくれる人がいるのは、とても嬉しいことだよね。

これから時々ブログの中で、ご紹介して行きますが、スペインの「ワインビネガー」は完売しました。ごめんなさい。でも、4月に入荷の予定です。

最後の一本を買われた方は、ある病院の栄養士さんなんだけど、
「日本のビネガーは、物足りなくて、味に限界があるのよねー、TVでも、紹介してたけど、これはすごくいいよ。」と喜んで買われました。

ただ、悲しいことに、おかやんは、そこまでの価値観に、きずいていなっかたのだ。
まだまだ勉強不足だね。
偉そうなことを並べているけど、自分はまだまだだとゆうことだよね。
いやー、今日はお客さんに教えられたなー。

金沢市の花屋「花工房 花音」のホームページはこちらです。

by hanakobo-kanon | 2010-03-23 23:14 | 雑貨の情報

時計の日


今、お店の壁に、大正後期に作られたといわれる、古い時計があります。「ボーンボーン」となって、すごくいい雰囲気を、かもしだしています。
お友達が、何人かで、お祝いにと、買ってくれました。

ところが、その時計が、な、なんと!30分近くも遅れていたのです。
勝手に触れないので、早速電話して、調整に来て(新竪町の骨董屋「古器観」のご主人)頂いたところ、「ゼンマイが緩んでますよ。」って。

そうだ、確か、取り付けてもらった時、「8日ごとにネジをまいて、ゼンマイを締めて下さいね。」って言われていたんだった。
オープンとかで、バタバタしていて、うっかりしてたよー。やばい、10日以上すぎてる。時計君、すまん。

よしっ、これからは、8日と言わず、7日毎にネジを巻くことにしよー。
だから毎週月曜日は、「時計の日」に決めました!
時計君、許してくれー。
(その後、時計君は、たっぷりと栄喜を養い、コツコツと時を刻んでいる)

金沢市の花屋「花工房 花音」のホームページはこちらです。

by hanakobo-kanon | 2010-03-22 21:29 | 花音の情報

ハンドクリームについて


今、kanonでは、オリーブに関する雑貨がおいてあります。
その中で、おすすめしていいのかどうか、わからない商品が、一つだけあります。
それが「ハンドクリームなのです。
なぜかとゆうと、匂いがすごいの、(でも、変な匂いじゃないのだけれど、)

ローズマリーって知ってる?ハーブの仲間なんだけど、その匂いとレモンのシトラス系の匂いがするんだよね。おかやんは、好きだよ。
なんか、頭の中をピーンと突っ切るような匂い。どう?にがて?
ところが、手にとってはものすっごくいいんだわ。
市販のooリックスとか、ニoアとかあるけど、それらは付けた時はいいけど、しばらくすると、カサついてくるでしょ?

このハンドクリームはシットリ感が、続くんだって。
花屋の仕事は、手荒れがひどくて、ひび割れたりするから、すっごく助かっています。
だから、匂いの苦手な人にはお勧めできないけど、手荒れで困ってる方に。
「もー匂いなんかどーでもいいから、手荒れをなんとかしたぁーい。」と思ってる方には、
チョーお勧めです。
 
金沢市の花屋「花工房 花音」のホームページはこちらです。

 

by hanakobo-kanon | 2010-03-21 22:23 | 雑貨の情報