<   2013年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧

おやゆび姫


昨日に引き続き今日も素晴らしいお天気で!

もうすっかり春気分!

こんなん買ってきました。

チューリップの原種 「おやゆび姫」 です。

大きさは・・・・そうねぇ、10~15センチほど。(プラス鉢の高さ)
まさにおやゆび状態、ミニサイズ。

f0226713_17383644.jpg

原種といえば、おかやん家の庭には毎年
原種のチューリップと花ニラの花が咲きます。

そこで今回、お仲間入りして頂こうと、おやゆび姫を買いました。

花がおわって葉っぱが枯れてきたら、地植えしようと思います。

ちゃぁ~んと、根付いてくくれると良いですが・・・・。

原種物は、植え替えしなくてもいいのが特典ですよね。
ほっといて多少水やりしなくても天然の給水で大丈夫!
(球根状態で休眠してるから)

今年は生産者さんが早く咲くように調整してるからもう咲いているけど、例年なら
春一番、いや二番、サクラの次あたりに咲いてくれるのでほんとウキウキしちゃいます。

金沢市の花屋「花工房 花音」のホームページはこちらです。

by hanakobo-kanon | 2013-02-27 17:55 | お花の情報

アレンジメント教室 2月の2’13


本日行われました花あそび教室。

f0226713_172733100.jpg


3月3日はひな祭り。

男雛と女雛をイメージして、アレンジメントを作りました。

ランの花、おかやん大好きなバンダを主体に、
kanon流スタイルのお雛様です。

今回めずらしく スカビオサの ファーマ が手に入りました。
kanonでは、あまりスカビオサは使いませんが、
この一重咲きの品種は使う事があります。


さて、どちらが男雛でどちらが女雛でしょうかぁ?。

金沢市の花屋「花工房 花音」のホームページはこちらです。

by hanakobo-kanon | 2013-02-27 17:32 | アレンジメント教室の情報

氷の芸術


金沢は今朝も最低気温が氷点下、厳しい寒さです。

そんな時にお目見えしますのがこちら、氷の芸術です。

金沢は雪が降り始めると融雪装置が働いて、
道路に水が流れます。

その水達が、車に弾き飛ばされ凍ってしまったもの。

街路樹達にしてみればいい迷惑でしょうが・・・・。

庶民にしてみれば、とても綺麗な光景。

f0226713_13371079.jpg


でも、こんな光景も例年ならば、一年に1~2度。
なのに今年は何度も見られます。

ホント今年は寒い日が多いのね。

金沢市の花屋「花工房 花音」のホームページはこちらです。

by hanakobo-kanon | 2013-02-25 13:37 | その他の情報

サクラの魅力


f0226713_15504598.jpg


先日生けましたサクラのお生花。

その際、切り落とされた小枝達を、信楽焼の花器に生けてリビングに飾りました。
(お花器はどんなんでも大丈夫、お気に入りの器でオッケー!)

どの枝も切るに忍びないもの達、勇気を振り絞ってパツッ。

チョン切られた下の方の太い部分も、小枝と一緒に挿すことで生き帰ります。

もっと小さい小枝は一輪挿しに入れてトイレに。

それでも絵になるのが、サクラの魅力です。

金沢市の花屋「花工房 花音」のホームページはこちらです。

by hanakobo-kanon | 2013-02-24 15:50 | お花の情報

サクラのお生花

 
壁のいろとかぶってチョっとわかりずらいですが。

お許しくだされ。

f0226713_16184130.jpg


先日行われましたおかやんのお稽古。

嵯峨御流生け花教室。

春のお花 「サクラのお生花」 です。

今まで数多くのお生花を勉強させていただきましたが、
うぅ~~ん、さくらもチョー難しかったです。

基本サクラの枝って真っすぐしてるでしょう?

それらを曲げることでこのような形が出来上がるのです。

実は、正直に申し上げますと、これらのサクラは折り曲げてあるんです。

大丈夫、サクラは折れ溜が出来ます。

 ※ 折れ溜(おれだめ)とは?ボキッと折って形を整える技法の事。
    たとえ折れても繋がっていれば水が揚がる植物に使用。

でもその 「折り加減」 むずかしい!

折りすぎてクラクラ動くようじゃぁつかえない!

折れているけど、千切れてはいないその手加減さといいますか、
ちょうどいい具合にとどまってくれるような力量。

それが 「技術」 というものなんでしょうね。
(なぁ~んて、偉そうに・・・ ^_^;)

テーブルの角を利用して、梃子の原理で折ります。

さらにたくさん付いている小枝を一本一本切り落としていくのもかなり勇気がいります。

一本の大枝に付いている脇枝の、
どれを落としてどの枝を生かすか、それもかなり怖いです。
 

逆に足元は、びみょ~に曲がっているものを折り溜して真っすぐにととのえ、
全部で7本生けてありますが、こちらからは3本に見えなければいけません。

むかって右側の枝が少し曲がったままなのがちょっと気になりますが、
ちょうど節になっていて治せなぁ~い。

これが限界、ということで・・・。

太いからそれも結構大変でした。

でも、いい感じに仕上がって、・・・よろしんではございませんか?

金沢市の花屋「花工房 花音」のホームページはこちらです。

by hanakobo-kanon | 2013-02-23 16:56 | 嵯峨御流の情報

春が恋しくて


f0226713_169627.jpg


暦の上ではもう春と言うのに、
毎日毎日、あまりにも寒い日がつづくし、

ここで一発 パァーッ と花でも咲かせましょう!

されど、悲しい事に花咲じいさんのようにはまいりません。

特に用途はありませんでしたが、おかやん家用としてお花を買いました。

金沢市の花屋「花工房 花音」のホームページはこちらです。

by hanakobo-kanon | 2013-02-23 16:09 | おかやん家の情報

雪と多肉植物


f0226713_14445634.jpg


信じられない光景、とでもいいましょうか、雪とコラボの多肉くん

今朝のおかやん家のお庭です。

「多肉植物は寒さに弱い。」

そんなイメージをぬぐい去ってしまったようです。

連日の寒波にも負けじと頑張っております。

しかも少し紅葉してるでしょう。

以前、kanonお店前の歩道わきに植えたのに
除雪車が雪と一緒に運んで行ってしまったちょっと辛い過去がぁ・・・・・。

それと同じ品種の多肉君を植えたものの、
ホントに大丈夫かなぁ?と、少し不安でした。

そんなおかやんの親心?を知ってか知らずか、ホント逞しく耐えているわ。

鉢植えからこぼれた物たちもあちこちに広がってます。

でも気を付けて!

すべての多肉が同じとは限らないです。

多肉は種類が多いから、お買い上げされる時は、どんな性質か。
育て方や苦手な事など調べて見ると、いいかもね。

金沢市の花屋「花工房 花音」のホームページはこちらです。

by hanakobo-kanon | 2013-02-22 02:03 | 観葉植物と多肉植物の情報

結婚記念日に

f0226713_101182.jpg


県外に住んでらっしゃる息子さん御夫婦へ。

結婚記念日のお祝いに、お母様からご注文いただきました。

2種類のミニ胡蝶蘭と、カラーサンドで寄せ植えされたミニサボテンのセット。
テーブルにでも飾って頂けたらなぁ~と選びました。

ミニの胡蝶蘭は、大輪系と通がって比較的寒さにも強く、
どんどん花が咲くので長く楽しめます。

毎年お送りされております。

メッセージも一言、

「おめでとう。」 と。

その一言にお母様の気持ちが込められています。

おかやんも、息子君が結婚したあかつきには、
こんな感じのいいお母さんでありたいです。

では、明日というか、もう日付が変わってますね、^_^; 
だから本日ですね、発送いたします。

金沢市の花屋「花工房 花音」のホームページはこちらです。

by hanakobo-kanon | 2013-02-21 01:00 | ギフトの情報

ありがたき 御炬燵さま


今年の冬は、寒い日がだらだらと続いて、いつになく寒さがきびしくかんじます。

雪が降らない分、雪掻きをしなくてもいいので助かりますが
冬型の気圧配置の日が多いような・・・・。

そんな寒さからおかやんを救ってくれているのが何をかくそう

御炬燵さまです

おかやん家、何年振りかに炬燵復活です。
9年ぶりくらいです。

しかもホットカーペットなるものとWつかいで、ほんとあったぁ~い。

こんなにあったかぁ~い物を、なぜ今まで使っていなかったんだろうって思ってます。

冷え切ったおかやんの御身を、毎日あたためてくれてます。

去年は湯たんぽで。

今年は御炬燵で。

じっくぅ~りあったまってお布団に入れば、
自らが自家発温熱装置となりにけり。

金沢市の花屋「花工房 花音」のホームページはこちらです。

by hanakobo-kanon | 2013-02-20 01:51 | おかやん家の情報

乱成体 乱れ留


嵯峨御流、今回のお稽古は。

乱成体 乱れ留

すごい名前です。

お瓶花には、直成体 ・ 斜成体 ・ 横成体 ・ 懸成体 ・ 垂成体と、
5つの形があります。

それらを、2種合わせたのを 両成体、3種以上合わせた物を乱成体といいます。

今回は、ボケの枝を 直・斜・横・懸と4種の体をあわせました。 

留も 乱れ留 で、かなり大きめの作品に仕上がりました。

f0226713_17145472.jpg


金沢市の花屋「花工房 花音」のホームページはこちらです。

by hanakobo-kanon | 2013-02-17 17:14 | 嵯峨御流の情報