<   2013年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

この時期に味わう


地元の方が育てた野菜直売のお店、ほがらか村 で発見。

金沢野菜の一種 サツマイモの 「五郎島金時」 

その焼き芋です。

ほっこりとして チョー まいう~~ 

f0226713_14354153.jpg


食感お味ともにおいしいです。 !(^^)!

金沢市の花屋「花工房 花音」のホームページはこちらです。

by hanakobo-kanon | 2013-12-12 14:40 | おかやん家の情報

晩秋から冬へ


先日、万年青の生産者さんの所へお邪魔してまいりました。

万年青自体はもう出荷された後でしたので、枯れた葉だけですが、
その後の畑を パシャリ

おかやんは万年青って一株をそのまま切り取るのかなって思ってました。

実はちがうそうです。

株の中から、きれいな葉を抜き取っていって、
それらを一枚一枚組み合わせて、十枚一組に束ねてから出荷されるそうです。

そっかぁ、そんなに手間暇かけて出荷されるのか・・・。

新しい発見です。

生産者さん、ありがとう。

これらは、抜き取られた後なので、枯れたように感じますが、
この子たちはまた来年、新しくてきれいな葉を生み出してくれるのです。

(奥の方に赤く見えるのは、サンゴ水木)
f0226713_12311191.jpg


青かったナナカマドの実も赤く熟しています。

これから鳥たちの大切な食料として行くことでしょう。

f0226713_1231235.jpg


そんな閑散とした風景の中にも、来年に向けて新しい命が。

アーティチョークの新芽。
9月に来た時はなかったのに・・・・、

今から大丈夫なのかな・・・・。

もしかすると、・・・おそらく雪の下敷きになって・・・・・・。

それでも生き延びてくれることを祈ろう。

うん、これだけ株が大きかったら大丈夫!

f0226713_12313327.jpg


金沢市の花屋「花工房 花音」のホームページはこちらです。

by hanakobo-kanon | 2013-12-12 14:33 | おかやん家の情報

合唱コンサート


日曜日のことでございます。

合唱コンサートに参加される方へ。
お花を届けて下さいとご注文いただきました。

金沢駅前にあります 「県立音楽堂」 へお届けしてまいりました。

毎年年末に行われます 「メサイア」 が予定されていました。

f0226713_1211719.jpg


おかやんはクラッシックも大好きで、おなじく年末に行われます
ベートーベン作曲 第9交響曲 「合唱つき」 も大好きです。

あの第4楽章の全員がユニゾンで歌いだす瞬間は、
何度聞いても鳥肌もんです。

わかっていても、泣けて来ます。

「メサイア」 も、一度聞いてみたい曲なので、
来年はぜひ聞いてみたいですねぇ~。

なぁんて、鬼がわらってます。 (*^^)v

金沢市の花屋「花工房 花音」のホームページはこちらです。

by hanakobo-kanon | 2013-12-11 12:21 | ギフトの情報

万年青のお生花’13

先週の金曜日のことでございます。

嵯峨御流生け花教室に行ってきました。

おかやんは読書ばかりに耽ってるわけではございませんのよ。

お仕事やお稽古はこなしておりまする。
(ま、それがあたりまえ!何の自慢にもならないんですがぁ・・・・)

今年もやってまいりました。

万年青のお生花 七五三 と書いて しめの と読みます。

一年に一度のこのお生花。10年もやっていると難なく出来るようになりました。

15葉2果 で生けてます。

f0226713_12162330.jpg


金沢市の花屋「花工房 花音」のホームページはこちらです。

by hanakobo-kanon | 2013-12-10 12:08 | 嵯峨御流の情報

今年を振り返って


アンニョン~
はいさ~い
こんばんは

おかやんがブログをおさぼりする時は、
何かに没頭しているんだなぁと、お思い下さい。

決して忙しいからではないのよ~。

なぁ~んて、自慢っぽくいってどうすんのよ。
そうよねぇ、何んの自慢にもならないよね~。

思えば今年、何年振りかに本を読みあさり、読書年だった感じ。

まず、京極夏彦著書 をきっかけに、「百鬼夜行」 シリーズを読破し。

それが年明けから春の頃。

それに続き春から夏にかけて、円地 文子さん書 「源氏物語」 を十巻読破。

入院中だったので、どんどん読み進んでったし、ちょうどよかった。

ただ・・・源氏の君が雲隠れしてから 後の 「宇治十帖」 までは少々 間 がありましたが・・・。

はじめて源氏物語というものが、どうゆう内容の物なのかわかりとても面白かった。

本のタイトルは有名でなんとなぁ~くわかっていても、
詳しいその内容というとなかなかはっきりとはわからないよね。

人物相関図を片手に、一話一話頭の整理しながら読んだなぁ。

そして今、瀬戸内 寂聴さん書 「源氏物語」 に入ってしまったぁ~・・・・・。
(ちなみにこれも十巻)

円地さんのより少し現代語に近くて、まだ読みやすいかも。

でもその時代の雰囲気を味わおうとするならば、
円地さんの方が古典的かもね。

忙しいこの師走。

とても年内には読み切れないけど、
今の間に少しでも読み進みたい~~~ってのが今のおかやんの気持ちなのだ。

ううう、困ったもんだ。

これらはね、いずれもリサイクルブック専門のところで見つけまして、
ハードケースカバー付いて一冊¥105、全巻¥1050で手に入れた掘り出し物なのよ。

これもまた、ご縁あってのこと。

ありがたやぁ~ありがたや~。

金沢市の花屋「花工房 花音」のホームページはこちらです。

by hanakobo-kanon | 2013-12-08 03:21 | おかやん家の情報