<   2014年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

嬉しいお知らせ

ちょっと、ちょっとちょっと ちょっと

今日はとても嬉しいおすらせです。

おかやんがソチオリンピックに気を取られてる間に、
当ブログ 「おかやんの花日記」 が、

  なっなぁ~んと!

訪問者数  3万件を

  超えましたぁ~~

おそらく2月21日~22日あたりです。

何と云うことでしょう。

おかやんは気付かずに通りすごしてしまいました。

でも嬉しいです!

こんな名もなき (あぁいや、名前はちゃんとありますが) 

普通のおばさんの (あぁえぇ有名ではないと云う意味でして・・・) 

ひとり言の様な (えぇ、決して一言ではありませんが・・・)
ブログでも、読んで下さる方がいらっしゃる。

訪問して下さる。

もうそれだけで、おかやんはいつも元気づけられます。

凹んでなんかいられません。

これからもよろしくお願い申し上げます 候。

金沢市の花屋「花工房 花音」のホームページはこちらです。

by hanakobo-kanon | 2014-02-27 00:00 | 花音の情報

ソチオリンピックを終えて


いままで幾度となくオリンピックを見てまいりましたが、
今回は特におもしろく、いろいろ感じました。

試合後の感動シーンも最高だったし、冬の競技ってなんておもしろいの~~~。

夏の競技とちがって普段見る事がないから、今まであまり興味がなかったけど、

スリル満点!スピードと技の競い合いだね。

選手の皆さんは命がけだよ。

あれはもう神業としか言いようがない。

ホントおもしろかった。

そしてとくにおもった事、テレビを見てても色がきれいだなぁ~って感じた。

なんなんだろう。

イメージカラーの きれいなブルーと、選手や観戦している方たちのウエアーの色?

カラフルだったよね。
たぶんそれらの色だよ。

とてもきれいだなーと感じた。

でも、その割にはフラワーセレモニーの花束が、ちょっと淋しかったな。

じっくり見れなかったからよくわからないけど、
ピンポンのスプレーマムにスターチスと葉物はレモンリーフが使われてたような・・・・。

毎回、このお花はとてもきれいで、おかやんにとっては気になって楽しみなの。

6年後の東京オリンピックの時は、
どんなお花が使われて、どんな花束になるのかなぁ~とても楽しみ。

おそらく、花材を早々に決めて、
それに向けて生産者さんも大量生産にはいっていくんだろうなぁ。

でないと、あれだけたくさんの花束は作れないだろうよ。

そう考えると、すごいよね!

花業界にとっても、東京オリンピックはブックイベントだな。

すっごいねぇ~。

どんなんになるんかなぁ。

金沢市の花屋「花工房 花音」のホームページはこちらです。

by hanakobo-kanon | 2014-02-26 23:33 | その他の情報

退職祝いの花


めでたく退職される方へ。

お花を贈りたいです。

と、ご注文いただきました。

ごゆっくりご覧下され。

f0226713_22502137.jpg



f0226713_22503625.jpg



f0226713_22505310.jpg



f0226713_2251844.jpg



f0226713_22512196.jpg



f0226713_22514095.jpg



f0226713_22515728.jpg



f0226713_2252918.jpg


ピンクと赤に、ムラサキぃ~~~~というと、
かなりキバツな配色になりがち。

でも、そのなかでもびみょう~~~~~~な色合いを組み合わせると、

こんなステキなアレンジが出来ちゃう!

と、おかやんは思っている。

金沢市の花屋「花工房 花音」のホームページはこちらです。

by hanakobo-kanon | 2014-02-26 22:59 | ギフトの情報

生け花教室


今年に入ってからの嵯峨御流生け花教室

春の作品 3作品 のご紹介。

まずはアマリリスのお生花

もうこちらは見たまんま、赤いお花が映えてとてもきれいでしょう。

f0226713_22321064.jpg


こちらは、お瓶花 斜成体 横留 です。

紅モクレンの枝に、アレンジマム (アナスタシア) を入れ、
添えにピンクのスターチスと葉物のキキョウランでまとめました。

f0226713_22364043.jpg


こちらは 盛花 左盛体 変化1

ボケの枝を 体 に、スナップ(金魚草)

春のイメージで生けました。

f0226713_22322114.jpg


金沢市の花屋「花工房 花音」のホームページはこちらです。

by hanakobo-kanon | 2014-02-26 22:45 | 嵯峨御流の情報

アレンジメント教室1月の1’14


1月14日のことだったと思います。

今年最初のアレンジメント教室。

グラジオラス をメインに生けたアレンジです。

グラジオラスって、仏花の花材としてよくつかわれます。

でも、おかやんは この花の素晴らしさを見逃したはいなくってよ。

短く、一輪一輪切り離してよぉ~くみると、ホント綺麗なの。

f0226713_125775.jpg

ただ残念なのは、まだ莟で咲いていないから、うまく伝わらないかもね~

そこは、ホラ。

想像力豊かなみなさんの得意技で、・・・・。

お願い!

イメージしてみてぇ~~~~。

金沢市の花屋「花工房 花音」のホームページはこちらです。

by hanakobo-kanon | 2014-02-25 13:06 | アレンジメント教室の情報

北國花展'14


1月後半のことでございます。

今年も北國花展が行われました。

この1~2日前ですが、おかやんは風邪気味でいかなるものかと心配いたしましたが、
いつもの如く、気合いとうがいで乗り切りました。 (*^^)v

この花展は、キャリアと実績がある先輩方々が出展される、
とても由緒ある花展です。

今季おかやんも先生のアシスタントとして参加させていただきました。

f0226713_12232199.jpg


お題は 文人華

      蓬莱の松    

文人華とは、昔中国の文人たちが、自然に咲いている感動した風景を、
部屋の中に生け現わしたのがきっかけだと云われています。

この 「蓬莱の松」 は、苔蒸した松の古木に自制した草花の様子を現わしています。

今回、苔の生えた松の古木に自生しているのは 「春ラン」 。

根付きの春ランを添えることで自然の風景を表現し、
さらに、胡蝶蘭を添えることで、華やかさを醸し出しています。

少ない花材をつかってシンプルに生けると云うことは、
ある意味でごまかしが効かないと云う事。

松の枝一つを見ても、切る枝、残す枝、を見極め、
なおかつ余分な葉芯はもぎ取りました。

塗りの花台。

青銅の花器。

ともに統一された雰囲気の作品に仕上がりました。

シンプルな作品だからここそ、道具にもこだわった逸品です。



<うら話>
今回特に気を使ったのは、胡蝶蘭です。

寒さにとても弱いので、24時間暖房の部屋で管理をし、
搬入時も、お花の部分は和紙に包みこみました。

(冷気に触れるのはとても危険!)

そして生け込むときの水には、保温ポットで持参したお湯を混ぜ込み、
決して冷たい水には触れないよう気を使いました。

おかげさまで、おかやん家にはいまでも、この時の胡蝶蘭がさいています。

金沢市の花屋「花工房 花音」のホームページはこちらです。

by hanakobo-kanon | 2014-02-25 12:20 | 嵯峨御流の情報

ながらくですぅ~ホント長らくです


みなさんご無沙汰でございます。

こんなに長くお休みしてしまって、ホント すまん です。

      <(_ _)>

ソチ 冬季オリンピックも終わってしまいましたね。

やっと通常のせいかつが戻りつつあります。

といっても、連日連夜起きていた訳ではございませんが、
気になる所は気になって、ついつい見てしまいました。


年が明けておかやんはいろんな事がございました。

まずこれはもうみなさん御存じの 長野への家族旅行。

とても楽しゅうございました。

ところが、その十日後でしたでしょうか、以前おかやんが勤めていまして、
大変お世話になった花屋さんの社長さんがお亡くなりになりました。

ホントに突然だったので、おどろきと共に信じられない気持が交錯してしまった次第でした。

しばらく凹んでしまい、自分でもびっくりいたしました。

おかやん凹んでいる時は、基本ブログをかかないようにしています。

だって愚痴っぽくなってしまうから・・・。

でも、こうやって書いていると云うことは・・・・・!?

そう!

完全復活です~

ホントはもっと早くに復活してたんですが、

ごめんなさい。

オリンピックに夢中でした。

でも、元気になったきっかけもオリンピックでした。

プラマイゼロって言うことで、許して下され。
(?????)

といっても決して遊んでいた訳ではございませんのよ。

いろいろと行事はこなしておりました。

日付順序はバラバラになっちゃうかも知れないけれど、
これからもバンバンかいちゃうよ~~~~。

覚悟してやぁ~~~~。

金沢市の花屋「花工房 花音」のホームページはこちらです。

by hanakobo-kanon | 2014-02-24 14:56 | おかやん家の情報